美容師を辞めたいあなたへ…。続けるための3つの手段とお金に困らない為の対策

tetsu
こんにちは、tetsuです(^^)
美容師
美容師の仕事ってつらいな…。辞めようかな…。

 

おやおや、かなり悩んでいるようですね。

 

わかりますよ、その気持ち。

 

私も昔はよく悩んでました。(今もたまにあるけど…)

 

美容師の仕事って

・長時間勤務(平均10時間)
・残業(練習)当たり前
・休みめちゃ少ない
・給料めちゃめちゃ少ない
・人間関係グダグダ
・客の取り合いでバチバチ
・上司によるパワハラ、モラハラ当たり前

 

あげればキリがないほど悩みのネタが多いですよね(-_-;)

 

美容師の仕事って本当につらい仕事だから、もって1年~3年続けばいい方って言われてるし。

 

ただ、「つらいな…辞めたいな…」って思ってても、本当はこの仕事が好きだから続けていきたい…そう思ってるんじゃないかな?

 

もしあなたが、辞めると決心して他の仕事をするというのなら、特に引き留める理由はありません。

 

ただ本当は続けていきたい、今のキャリアを活かして仕事していきたいと考えているのなら、少しだけお付き合い願えますか?

 

17年この世界と向き合ってきた私が、無理なく続けるためのアドバイスをいたします(^^)

 

執筆者のプロフィール

tetsu

私は、美容師をしながら副業で情報発信の仕事をしています。

美容師歴17年目。様々なタイプのお店を経験してきました。

主にブログやアフィリエイトに関する情報を提供中。

悩める美容師の力になります!

こんな人に読んでほしい
美容師がつらくてやめたいと思ってる人
何とかして美容師を続けていきたい人

 

美容師の多くは3年以内で辞めている

美容師って、実は3年以内で辞める人が多いのをご存知でしたか?

 

厚生労働省が発表している「新規短大等卒就職者の産業別離職状況」によると、平成28年度の新規短大等就職者の中で美容師を含む生活関連サービス業に就職した人数は14,302人。

 

このうち、3年以内で離職してる人は以下のようになってます。

・1年目…4180人
・2年目…6353人
・3年目…8027人

グラフに表すとご覧の通りです。

(参照:厚生労働省 新規短大等卒就職者の産業別離職状況より作成)

このデータは、美容師以外の生活関連サービス業も含まれていますが、それでも3年目以内で離職してる人が半分を超えるという結果となってます。

 

つまり、新卒で美容師になっても3年以内でおよそ半分、又はそれ以上の人が辞めてしまってるという衝撃の事実です。

 

美容師を志す若者は多いのに、すぐに辞めてしまっている…。

 

美容師の1人としてとても悲しく思いますが、彼らの立場で考えると離職してしまう理由もわかります。

 

なにしろ、一般の会社員と違いかなりブラックな内容ですから(T_T)

 

美容師ってつらい…辞めたくなる主な理由は?

先程、冒頭でも触れましたが、3年以内で辞めてしまう主な理由はこちらです。

 

  • 拘束時間の長さ
  • 休みの少なさ
  • 人間関係の悪さ
  • 給料の少なさ
  • 手荒れや腰痛といった身体的な悩み
  • 集客がうまくいかない

 

一見すると華やかに見えるけど、現実はとても厳しい世界…。

 

美容師という仕事が、いかにブラックかが伺えますね。

 

これらについて具体的に見ていきましょう。

 

拘束時間が長い

美容師の仕事は、とにかく拘束時間が長いです。

 

営業時間は平均10時間で、朝晩の清掃、定期的なミーティングなどで1日の半分を消耗します。

 

それに加えて朝練、夜練は当たり前なので、およそ14時間~15時間拘束されてると考えてもいいでしょう。

 

毎日このような時間配分だと、帰って寝るだけのような生活になってしまうのでうんざりしてしまうはずです。

 

休みが少ない

一般の美容室は休みは週1日で、間に連休が入って月に6日というお店が多いです。

 

会社組織になれば、週休2日制のお店もなくはないですが限りなく少ないですね。

 

また、土日祝日は基本的に休めないところがほとんどで、土日しか休めない友人達とは疎遠になってしまいます。

 

友人達に会えない、休みは基本1人…という現状に耐えられなくなる若手美容師は多く、辞める原因になりやすいのです。

 

人間関係が悪い

以外かもしれませんが、多くの美容室は人間関係が悪いです。

 

美容師は、接客業の中でも特に長い時間お客様と過ごします。

 

そのため、気を張ってるせいかストレスを異常なほどに受けてしまうんですね。

 

そして、そのストレスの矛先は若手美容師に向けられるわけです。

 

これが美容師のパワハラ、モラハラの大きな原因だと言えます。

 

また、責任者からの圧力や同僚間での責任のなすり合い、お客様の取り合いなどで人間関係が悪くなり店の空気が悪くなるなんてのもよくある話。

 

これらのせいで体調を壊し、病んでしまう美容師が跡を絶ちません。

 

精神的な理由で美容師を辞めてしまう…、この問題は美容師を早期離職してしまう最大の原因とも言えるでしょう。

 

給料が少ない

美容師の給料は安いことで有名ですよね。

 

その年収は、なんと平均296万円!

 

一般サラリーマンの年収を大きく下回ってしまうほどです…(T_T)。

 

見習いだと平均10万あるかないかで、スタイリストになっても指名なしなら平均20万以下が現状。

 

売れっ子になれば、平均以上の給料を稼げるようにもなりますが、そうなれるのはごく一部の人間のみ。

 

ほとんどの美容師は、たとえ努力を重ねたとしても中々実を結ぶことなく、低賃金を強いられます。

 

給料が少ないせいで生活が困窮し、将来への不安を感じる美容師は多いです。

 

主に、20代後半から30代前半の美容師がこの理由で離職しています。

 

手荒れや腰痛などの身体的な理由

美容師の仕事は、髪を洗ったりカラー剤やパーマ液といった薬剤に触れるため手荒れを起こしやすくなります。

 

また若手美容師の場合、長時間シャンプー台にいる時間が多く、腰痛になってしまう人も少なくありません。

 

最近では手袋着用OKだったり、バックシャンプーに変更するなどして対策を打ってくれるお店も増えてはいますが、一部のお店は未だそのままのようです。

 

このように、酷い手荒れや腰痛によってリタイアしてしまう美容師は多いです。

 

実際、私の友人もひどい腰痛に悩まされて辞めてしまいましたから(T_T)

 

身体的な理由で夢をあきらめざるを得ない…。

 

長年美容師を続けてる1人として、強く同情します。

 

美容師を続けたい!あなたがとるべき手段とは

 

お店を変える

今いる環境がどうしても合わない…、そう感じているなら環境を変えるのが1番です。

 

今の時代は昔と違ってスタッフの生活を第一に考えるお店も増えてきています。

 

例えば「○○専門店」がこれに該当します。

・休みがきちんととれる(週休2日体制など)
・給料が固定で安定している
・手荒れが酷くても安心して働ける

 

驚くかもしれませんが、一般のお店では想像できないような世界がそこにあります。

 

実際、私もこのような職場で働いた経験があるのですが、それまで想像できなかった美容師生活を送れました(^^)

 

安定している環境というのは、やはり心も穏やかになるものです。

 

スタッフ同士の仲も良く、楽しく仕事ができていますよ。

 

ベストなタイミングは?

ただ、このような「専門店」となれば経歴はある程度積んでおくべきです。

 

なぜなら中途採用を求めるお店は「年齢、経歴は問わない」としているものの、「戦力」となる人材を求めてる場合がほとんどだからです。

 

ですから、「仕事がハードで体を壊した」とか「環境になじめなかった」という理由で1年も満たない期間で辞めてしまうと、受け入れてくれるお店はかなり少なくなるんですね。

 

「石の上にも3年」ということわざがあるように、まずは3年間、短くても1~2年ほどは今のお店で頑張ることが懸命だと感じます。

 

個人事業主(フリーランス)として働く

「拘束時間」や「休暇」「給料」などに不満があるのなら、個人事業主(フリーランス)として働くのがベストです!

 

個人事業主の場合は、やった分だけが自分の給料に反映されるので、一般の社員に比べると割高です。

 

・売り上げの40~60%が自分の利益になる
・出勤日数や勤務時間は自由に選べる
・社員ではないので他の仕事(副業)もできる
・自分の実力次第で稼ぐことができる

 

まさに、「自分の可能性」を試せるのが個人事業主の最大の魅力とも言えます。

 

ただ、注意しなければいけないのは、個人事業主の場合「最低賃金(保証)」を設けていない場所も増えてるところです。

 

これは、昨今の働き方改革による「副業の解禁」が大きく関わっていると言えます。

 

つまり、個人事業主になるという事は「社長」になるということですから、安心して食っていけるようになるためには「自分で集客する力」が必要になるという事です!

 

その力がなければ、個人事業主として働き続けるのは大変だという事は肝に銘じておきましょう。

 

ベストなタイミングは

個人事業主(フリーランス)として活動するのなら、ある程度経験を積んでからにしましょう。

 

立場上「社長」となるわけなので、給料を上げるも下げるも自分の腕次第であることを自覚しておかなければなりません。

 

理想としては、ある程度「指名客」をつけれるようになってから活動するのがベターですが、お店によっては引き抜き禁止の所もあるため、それなりに実力がついたら動くようにしましょう。

 

独立する

自分が理想とする働き方をしたいのなら、独立して自分のお店を持ちましょう。

 

自分のお店であれば、営業スタイルも自由ですし、時間の調整や休日の設定なども自由なので心に余裕が生まれます。

 

なにより、頑張った分の見返りは全て自分に返ってくるのでやりがいもひとしおですね。

 

ただ、独立となると「集客」をしっかりできるようになることが大前提!

 

仮に今いる店で指名客がついてたとしても、引き抜きを禁止している所もありますし、許可を受けているとしても全員が顧客になってくれるとも限りません。

 

独立するのであれば「集客する為の力」を養うべきです。

 

ベストなタイミングは?

これはズバリ「指名客」がつくようになってからですね!

 

たとえ10年以上経験を積んでたとしても、自分に指名客がついていなければ先がありません。

 

たとえホットペッパーに載せたり、チラシやDMを配布したところで、今の時代すぐに反応が取れるとも限りませんからね。

 

また、先程も伝えた通り、指名がついたからと安易に考えるのは危険です。

 

指名客すべてがあなたについていくとは限らないので、自分で「集客」できるようになる必要があります。

 

とにもかくにも、自分のお店を開いて成功する為には「集客する為のスキル」を身につける必要があるのです。

 

辞めたい理由が「給料の低さ」なら副業を始めよう!

美容師を続ける中で、「給料」が一番の原因なら副業を始めましょう!

 

副業することで、生活にゆとりを持てるようになるだけでなく、自分の理想を形にするきっかけにもなります。

 

副業を始めるなら本業に活かせる「情報発信」がおすすめ

せっかく副業を始めるのなら、本業に活かせるものを選びたいですよね?

・限られた時間の中で無理なく続けられる
・生活にゆとりが出るぐらい稼ぐことができる
・本業に活かせることができる

 

あなたがこのように考えているのなら、「ネットを利用した情報発信」を始めることをおすすめします。

 

なぜなら情報発信を行う事で、ファンを魅了し集客する術を身につける事ができるようになるからです。

 

情報発信とは何を発信するのか。

 

それはあなたの知識や特技、趣味に関するものまで、あなたしか知らない貴重な情報をネットを使って発信するのです。

 

あなたにとっては「当たり前」だとしても他者からすると貴重な情報って沢山あるんですよね。

 

例えば、「短時間睡眠でも早起きできるコツ」だとか「口べたでもお客様に気に入られるコツ」だとかですね。

 

これらを有料の情報として販売すると、思いのほか売れちゃったりするわけです。

 

これができて「仕組み化」できるようになれば、何も手につけなくても売れるようになって、今の給料以上に稼げるようになります。

 

ただ、いきなりやろうとしても「ネットで売れる仕組み」を理解しなければ売れるようにはなりません。

 

まずは手始めに「アフィリエイト」から始めることをおすすめします。

 

手始めに副業アフィリエイトをおすすめする理由

副業でネットビジネスに取り組む際、最初にアフィリエイトをおすすめする理由はこれです。

・自分の強みを活かせる
・情報発信の練習になる
・本業にいい影響を与える

 

アフィリエイトは、自分が作製したブログや動画、またはSNSを利用して他社の商品を紹介し、売れれば報酬が入ってくるビジネスモデル。

 

自分の知識や強みに関連する商品を選び、悩みを抱える人に向けて情報を発信していけば、そこから購入に繋がり自分に紹介料が入ってくるのです。

※詳しくはコチラをご覧ください

 

普段、お客様に接する時に「悩み」を聞き出して、その人に合うメニューや商品を提案しますよね?

 

あれと同じことをネットを通じて行うという事です。

 

副業アフィリエイトで力をつけて情報発信を極める

副業でアフィリエイトをおこない、それを極めていけば、ネットで物が売れる仕組みを理解できるようになります。

 

また、それで培った情報や知識を有料コンテンツとして提供していけば、価値を感じたユーザーがあなたのファンとなり、そこでも利益を得られるようになるのです。

 

ここまでくれば、たとえ独立したとしても不安に襲われる事がなくなります。

 

なぜなら、ネットで物が売れるようになるころには集客のプロセスを理解できるようになっているからです。

 

たとえば独立した際、新規のお客を獲得するためにホットペッパーを利用しますよね。

 

あのような集客プラットフォームは、月々高額な広告費用が必要となります。

 

集客のためならば仕方ない事かもしれませんが、個人で経営するとなれば極力コストをかけたくないですよね。

 

しかし、情報発信のスキルを磨いておけば、このようなプラットフォームに頼らずに集客できるようにもなっていきます。

・自分がお客様に提供できるものは何か
・それによってどんな未来が得られるか
・周りにはない最大の強みは何か
・どれほどの価値があるのか

 

など、あなたが求めるお客様に情報を発信していくことで、その人達をファンに変えていくことができるようになるのです。

 

これぞ、美容師が副業で「情報発信」をおこなう最大の利点だと私は考えます。

 

副業で理想の美容師像を確立しよう

あなたが今、「生活苦」で美容師を諦めようか悩んでいるのなら、一度ご相談ください。

・副業を始めたいが何から行えばいいかわからない
・時間がなくてもできる副業が知りたい
・副収入を得て、なんとか美容師を続けていきたい

 

長年美容師として活動する人間として、副業と両立している者として、あなたにアドバイスをいたします。

 

また、私が運営してる「副業応援メルマガ~一歩前へ~」にて忙しい中で副業をおこない、自由を得るための知識を発信しています。

 

副業で人生を変えたい!

 

もしこのような意思がおありでしたら、登録してみてください。

 

tetsuのメルマガ~1歩前へ~の詳細はコチラ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

以上tetsuでした(^^)

最新情報をチェックしよう!