アフィリエイトの中古ドメイン取得方法と見分ける3つのポイント

tetsu
こんにちは、tetsuです(^^)

アフィリエイトを始めた初心者の中には、どうしても中古ドメインでサイトを作りたいと考える人もいるかと思います。

 

そこでこの記事では、中古ドメインでサイトを作る方法やおすすめの会社をご紹介します。

 

こんな人に読んでほしい

・中古ドメインの事を知りたい初心者

・中古ドメインでサイトを作りたい初心者

・中古ドメインをできるだけ安く手に入れたい

 

これを見る事であなたは中古ドメインについて詳しくなる事でしょう。

 

是非ご覧ください。

 

アフィリエイトを有利にする!?中古ドメインとは何か

中古ドメインとは、その名のとおり中古で販売されてる独自ドメインの事です。

 

運営期間が長く、良質なリンクを獲得しているドメインほど高値で販売されています。

 

値は張ってしまいますが、上位表示に有利だと考えたら先行投資として十分価値あるものになります。

 

中古ドメインのメリット

中古ドメインのメリットは、

 

・上位表示させるまでの期間を短縮できる
・ドメインパワーをそのまま引き継ぐ事が出来る
・ドメインエイジ(ドメインの年齢)が高いと検索エンジンから評価されやすい

 

長い期間利用されてきたドメインは、ドメインパワーがついており中古ドメインとして取り入れるとそのパワーを引き継ぐことができます。

 

また、良質な被リンクがついてると評価もあがり上位表示させるまでの期間を圧倒的に短縮させる事が出来ます。

 

例えば、100に達すれば上位表示すると仮定して新規ドメインが0からのスタートだとすると、中古ドメインは30~70からスタートできるのでペラサイトを運営したらキーワードによっては一瞬で上位表示させる事も可能になります。

 

中古ドメインのデメリット

中古ドメインのデメリットは、

 

・評価の低いドメインだと評価されない
・良質なドメインは料金が高い

 

もともとアダルトサイトや悪質なサイトだったドメインの場合、評価の低い被リンクがはられているため上位表示される事はまずありません。

 

また、良質な中古ドメインとなると料金が高額となるために副業で始めたあなたにとっては痛い出費となります。

 

アフィリエイトの中古ドメイン|おすすめの販売店

中古ドメインを購入する手段は販売店で購入するか自分で取り寄せるかの2つから選ぶことができます。

 

ここでは、販売店から購入すると仮定して初心者でも安心して利用できる販売店をご紹介致します。

 

中古ドメイン販売屋さん

公式サイトを確認

 

中古ドメイン販売屋さんは、10年の実績を誇る人気の販売店です。

 

この業者のいいところは、Googleのインデックスペナルティを受けていないドメインしか販売していないところです。

 

そのおかげでせっかく購入したのにインデックスされないといったトラブルの心配もありません。

 

万が一、ペナルティを受けたドメインを購入してしまったとしても返金保証が付いているので安心です。

アクセス中古ドメイン

公式サイトを確認

 

アクセス中古ドメインの特徴は、中古ドメインの活用法を詳しく学べるところとわかりやすくランクづけされてる所です。

 

ブロンズからプラチナといった表記で判別しやすくなってます。

 

この業者も効果の高いドメインを多く取り揃えています。

 

クレジット決済ですぐに使えるところも魅力のひとつです。

 

ウルフドメイン

公式サイトを確認

 

ウルフドメインも初心者からベテランまで幅広く人気な業者です。

 

ドメインの数は、他の業者に比べると少ないですが質がいいものばかりが揃ってます。

 

私も何度か利用しましたが、殆どが上位表示に成功しております。

 

こちらも返金保証が付いており、安心して取引が出来ます。

 

パイレーツドメイン

公式サイトを確認

 

パイレーツドメインもアフィリエイターに高く評価されてる業者です。

 

ドメインの数は、ウルフドメイン同様少な目ではありますが、質がいいドメインばかり揃ってます。

 

管理画面もシンプルで、トレジャーランクというふうにランクづけされてるので非常にわかりやすくなってます。

 

こちらも返金保証はバッチリついてます。

 

アフィリエイトの中古ドメイン|取得から設定までの流れ

ここからは、実際に中古ドメインの取得から設定までの流れを解析していきます。

 

実際に私も利用してるパイレーツドメインから取得すると仮定して解析いたします。

 

中古ドメインの取得

①まずホーム画面から【ドメインリストを見てみる】をクリック

 

 

②中古ドメイン一覧リストから好きなドメインを選ぶ

 

 

③【カートに入れる】をクリック

 

④【支払い方法を選択】をクリック

 

これをクリックするとその下にクレジット決済(ペイパル)もしくは銀行振り込みの選択欄がでるので、どちらかを選択したのち確定ボタンをクリックします。

 

その後、業者側から注文確定のメールが届き、支払いが終了すればすぐにドメインを利用できます。

(銀行振り込みの場合は振り込みが終わって確認されてから利用できるようになります)

 

中古ドメインを設定する

パイレーツドメインで購入したドメインは、バリュードメインで管理・設定できるようになります。

 

ここからは設定について解説します。

 

①コントロールパネルのドメイン項目内、【ドメインの設定操作】をクリック

 

②取得済みのドメイン内に先程購入した中古ドメインがあるはずなので、【ネームサーバー】をクリック

 

③自分が契約したサーバー会社から送られているメール内に記載されてるネームを記入する

【保存する】をクリックしたらドメインの設定は終了です。

 

サーバーでのドメイン設置、ワードプレスの開設等は以下の記事で解説してるのでチェックしてみて下さい。

関連記事

tetsuこんにちは!tetsuです(^^) この記事では、アフィリエイトを始めたいけど長時間時間をあてられないあなたの為に 時間短縮!忙しいあなたのためのペラサイトの始め[…]

 

アフィリエイトの中古ドメインを見分ける3つのポイント

中古ドメインについて調べていると「中古ドメインの見分け方が知りたい」といった悩みが多い事に気づきました。

 

そこで少しでも初心者の方に協力したいと思い、私なりの視点ですが中古ドメインを購入する時どんなところに着目すればよいかを解説していきます。

 

今回解説するのはあくまでも「ある商品の小規模サイトを作成する」という前提で行います。
大規模サイトやパワーブログなど、作りこんでアフィリエイトする目的ではオススメ出来かねますので改めてご了承ください。

 

私の場合は、料金が高いもの選ぶって事はありません。

 

いくら高い物を使ったとしてもハズレてしまったら完全にアウトだからです。

 

私が着目するのは3つあります。

 

・ランクの数値
・BL(バックリンクの数)
・リンクのタイプ

1つずつ解説します。

 

ランクの数値

 

ランク低いから悪い、高いからいいとは言い切れませんが基本的にランクの数値が高いものほど数値が高くなっているのは確かです。

 

私の場合は30以上のものを見るようにしています

 

BL(バックリンク)の数

 

次にバックリンクの数を確認します。

 

バックリンクの数は、基本的にあまり多くないものを選んだ方が良いとされています。

 

あまりにも不自然にバックリンクがついたドメインはスパムサイトの可能性あり、評価にかなりの影響を及ぼす恐れがあるためです。

 

私の場合はバックリンクが50~300以内を目安に選ぶようにしています。

 

リンクのタイプ

 

どこから被リンクをあてられているのかもチェックしておきたいところです。

 

私の場合は「政」か「教」とついてるドメインを選ぶようにしています。

 

理由は「政」は政府機関サイトから、「教」は教育機関サイトからの被リンクをあてられたドメインだからです。

 

政府機関か教育機関サイトが運営してたサイトならスパム行為をおこなってる可能性が低いので、どちらか記載されてたら購入する価値ありです。

 

以上が私なりの中古ドメイン見極めの基礎となるポイントとなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

中古ドメインは、値段が高い事もありアフィリエイト初心者の方はなかなか手が出せないと思います。

 

しかし料金が安いものでも、しっかりと見極めて質のいい記事を書けば高い確立で上位表示を狙う事が出来ます。

 

上位表示して自分が紹介する商品が購入されればきちんと利益が出るようになります。

 

「記事がある程度書けるようになったから収益化までの近道をしたい」

 

そんなあなたは是非、中古ドメインでサイトを作ってみてはいかがでしょうか。

 

何かわからない事、不明な点ございましたらお問い合わせフォームからご意見お寄せ下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 

以上、tetsuでした(^^)

最新情報をチェックしよう!